個人再生なら家を手放さずに済む

自己破産だけが債務整理ではありません。個人再生のメリットの1つに、住宅ローンの特例があるので、ローンが残っていても家を手放さずに済むということがあげられます。ただし、住宅ローンはいっさい減額できないということには注意が必要です。住宅ローンの返済そのものに困っている場合には、この方法では解決ができないでしょう。

住宅ローンをすでに完済している家なら、住宅ローンの特例を使う必要もありません。しかし、ローンをすでに完済している家の場合、あまりメリットがないということもあります。

個人再生では、借金を5分の1程度にまで減額できると言われていますが、これは借金総額が500万円~1500万円の場合です。仮に、借金の総額が1500万円だったとします。これを5分の1まで減額すれば、残りの借金は300万円になります。しかし、ローンを完済している家を持っている場合、資産を持っていることになります。個人再生では資産は没収されることはありませんが、資産総額よりも借金を減額することはできません。

例えば、家を査定してみて、その結果、家の価値が1000万円だとしたら、家を売ったら1000万円が手に入るということになります。債権者の立場としたら、そのお金で借金を返済してほしいと思うでしょう。1000万円の資産を持っていることを無視して、借金を1500万円から300万円まで減額してしまうことは、債権者にとってデメリットが大きいので、認められません。この場合、借金は1000万円までしか減額できないことになります。

住宅ローンの特例を利用する場合でも、住宅ローンの残高よりも家の価値のほうがはるかに上回っている場合には資産を持っているものと見なされてしまうことがあります。

個人再生は、債務整理の中で一番複雑な制度であると言われています。素人では、任意整理、個人再生、自己破産のうちどの手続きをとるのが一番メリットがあるのか、判断がしにくい問題です。まずは、弁護士に相談をしてみることをおすすめします。無料相談などを利用して、いくつかの法律事務所で相談をしてみるのもいいかもしれません。