任意整理ってメリット・デメリットはあるのか?

任意整理とは?

任意整理は深くて難しいですね。今日はその整理についてお知らせ致します。

任意整理とは自己破産や民事再生などのように裁判所で裁判を行うことなく、借金の返済が難しくなった人に代わって弁護士や司法書士が貸金業者と直接交渉し、返済のできる範囲で分割返済をしやすくするシステムです。

貸金業法が改正される前の高い金利での返済を続くていた場合には改正後の金利には計算をやり直して、元金が減る場合もあります。メリットは弁護士や司法書士が任意整を業者に通知すると貸金業者からの支払い催促が一時的に止まることです。結果的に元本が減ることがありますし、重い金利負担も軽減されることがあります。

メリットデメリット

その他にも公的機関である裁判所を通さないため、事務処理に対する自由度が高い方法です。また、自己破産や個人再生手続きのように官報に掲載されることがないため、第三者に知られることがありません。また、自己破産のように職業制限や資格制限もありません。デメリットは任意整理を実施すると、信用情報機関に情報が登録されるため、クレジットカードの作成やキャッシングをすることが出来なくなる場合があることです。

信用情報機関は、民間の期間で全国に5社存在し、信販会社や貸金業者はこの信用情報機関に加盟し情報を登録しています。加盟すると一社で返済が滞れば、その情報が他の貸金業者にわかるようになっています。おおむね5年から7年間はこの情報が維持されます。なお、任意整理では裁判手続きによる自己破産や個人再生手続きとは違うため、借金の全額や一部が強制的に免除されるものではないことに注意する必要があります。

なお、一般に任意整理には費用が掛かります。1社に対しての数万円から数十万円程度必要です。なお状況により費用も相違がありますので、事前に見積を採取してから依頼することが有用です。任意整理は弁護士や司法書士が直接貸金業者と接触するため、交渉力により結果が大きく左右されます。実績がある信頼のおける弁護士、司法書士を選ぶことが大切です