マイホームの住宅ローンと借金返済の問題で悩んでいましたが

大きな家で子供を育てたい

結婚して子供が生まれたこともあり、広々とした環境で子育てをしたいと考えました。そこで賃貸マンションで暮らしていましたが、住宅ローンを組んで一戸建てを購入することにしました。毎月支払っていた家賃よりも、住宅ローンの支払い金額が高くなりましたが、それほど家計に負担を与えるほどではなかったので、大丈夫だろうと考えていました。

住宅を購入して数年は滞りなく住宅ローンを支払っていましたが、その後、体調を崩してしまい退職をしなければならなくなりました。半年ほど休んでから、新しい仕事を見つけようと考えていますが、その間は妻のパートでの稼ぎしかないので、生活をすることはできても住宅ローンを返済できない状態になってしまいました。

1回でも住宅ローンの支払いが滞ったことで、すぐに借り入れをしていた銀行から連絡がありました。その時は何とかお金をかき集めて返済することができましたが、その後のことを考えると返済できる目途が立ちません。

消費者金融で躓く

そこで何とかアルバイトの職を見つけてから、消費者金融からお金を借りることにしました。借り入れしたお金で住宅ローンの支払いができるようになりましたが、次に新たな問題が起こってしまいました。それは消費者金融で借りたときの利息はかなり高いので、驚くほど短期間で借金が膨れ上がってしまったということでした。おかしいのではないかと問合せをしてみましたが、システムを説明されると違法性はないように感じて、抗議することもできませんでした。

専門知識がないため、おかしいと感じても対応できないことが悔しいと感じたので、借金相談のホットラインに相談をしてみることにしました。そうしたら弁護士が親身になって相談にのってくれて、やはり利用している消費者金融の利率は法律違反だということがわかりました。

そして過払い金が発生する可能性があるということで、弁護士に正式に依頼して対応をしてもらうことにしました。利用していた消費者金融に直に掛け合ってもらい過払い金を請求する手続きを行ってもらいました。さらに債務整理を行ったほうがいいとおすすめされたので、その手続きも依頼しました。

債務整理をしたことで、借金がなくなったわけではありませんが、毎月の借金返済額を減らしてもらうことができました。少しずつ体調が回復してアルバイトとして働くことができるようになったので、そのまま購入した一戸建てに住み続けながら、無理のない範囲で借金返済をしています。もっと体調が良くなったら別の仕事を探して、もっと早く借金返済をしようと考えています。

もし弁護士に相談していなかったら、一戸建てを手放すことになり、路頭に迷っていたと思います。精神的にも体力的にも限界の状態だったので、親身になって対応してもらうことができて良かったです。それに過払い金請求をしたことによって、悪質な消費者金融の言いなりにならないで済むことができ良かったと思います。